調剤薬局の年収を上げるための転職には

kango(20)薬剤師の資格を取得されると、全国の調剤薬局や
ドラッグストア病院などで働けるようになります。

給与に不満をお持ちの薬剤師さんは、
高給与の職場へ転職したいと考えているでしょうが、
他の職種と比べると、転職はしやすいです。

このうち、調剤薬局の平均年収は地域にもよりますが、
350万円から600万円と言われています。

都市部のほうが年収が高くなるものですが、
薬剤師が慢性的に不足している地方では
高給与が貰えることがあります。

管理薬剤師になると
さらに給与がアップしやすいです。

調剤薬局の規模にもよりますが、
薬剤師は3名から7名ほど、この人数でシフト制がしかれますので、
比較的しっかりと休憩を取ることができます。

その代わりに、人数が少ない調剤薬局で、
人間関係が悪くなると居心地が悪くなりやすいです。

他の調剤薬局へ、転職を考えている薬剤師さんは、
薬剤師転職サイトにて、インターネット上で
求人情報が公開されています。

北海道から沖縄まで、
日本全国の薬剤師求人を検索することができます。

調剤薬局はもちろん、ドラッグストアや病院など
様々な施設形態から、希望に合った求人を探せます。

もし見つからない場合は、登録すると
非公開求人を閲覧できるようになります。

希望の施設では、求人を出していなかった
と言う場合でも、非公開求人を閲覧したら
募集していたという可能性があります。

転職支援サービスも提供しており、
高給与やスキルアップなど、
転職理由に合わせた求人の紹介も受けられます。

事前に職場の雰囲気なども聞けるので、
人間関係で転職したくなった薬剤師さんにもピッタリです。

1位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

2位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

3位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト


コラム記事一覧


記事保管所

薬剤師転職をするときに平均年収や仕事内容など比較検討すること

kango(27)

薬剤師転職をするときは、現在働いている職場と、
転職するつもりの職場の比較検討することが大切です。

転職をしてから、現在働いている職場よりも
環境が悪くなってしまっては意味がありません。

薬剤師は国家資格が必要な仕事ですので、
転職活動に大きく困ってしまうことは少ないです。

現在では薬剤師の役割も重要視されていますので、
医療の現場で非常に求められている職業です。

転職のときには、志望動機をしっかりと
伝えることができるようにすることが大切です。

転職するときの比較検討するのは、
まずは給料と年収を検討しましょう。

給料と年収は生活に直結していることですので、
少しでも多い方が生活が楽になります。

求人情報には、月々の給料や手当について
記載がありますので、必ず見るようにしましょう。

薬剤師の仕事は、正社員として働くだけではなくて、
派遣やアルバイトで働くこともあります。

特に女性などは、子育てを行いながら働くこともありますので、
比較的自由な時間を確保することができる派遣やアルバイトが向いています。

時給の平均ですが、地域によって相場が違います。

派遣やアルバイトの仕事は、ドラッグストアに多いのが特徴です。

ドラッグストアは、土曜日や日曜日もオープンしていますので、
仕事がシフト制になります。

調剤薬局や病院内の薬局では、土曜日や日曜日が休みのこともあります。

薬剤師の仕事は、職場が限定されてしまうのが特徴ですので、
薬剤師専用の求人サイトを見るのがおすすめです。

薬剤師の転職・調剤薬局の年収とは

hinnyou12薬剤師が転職先として
調剤薬局を考えることは多いかもしれません。

薬剤師の就職先として、
もっとも多いのが調剤薬局でもあります。

転職先として調剤薬局を考えるときに、
調剤薬局の年収がどのくらいなのかということは、
とても大切なチェック項目の一つです。

調剤薬局の年収は、
約400万円~650万円といわれています。

400万円という年収は、新卒者ということになると思いますが、
薬剤師が就職するドラッグストア、病院、製薬会社などと比べても、
ほとんど差がありません。

調剤薬局といいましても、
個人薬局から全国展開をしている
大手チェーンなど規模はさまざまです。

また、調剤薬局に限らず、首都圏・大都市圏にある
調剤薬局と地方にある調剤薬局では、
年収に違いがあることが普通です。

ボーナスや残業代、通勤手当や住宅手当などの
各種手当まで考えると、調剤薬局ごとに
違いがあるだろうことは想像できると思います。

また当然ですが、役職や地位によって
年収は変わりますよね。

一般的に、調剤薬局は定期昇給が少ないといわれていますが、
高齢化が進んでいることで、病院にかかる人も増えています。

それにつれて調剤薬局の業務も増えています。

そのような状況なので、調剤薬局も薬剤師の人材を確保するために、
年収や福利厚生などを充実させている傾向にあります。

人材確保に苦しんでいる中小調剤薬局の中には、
年収を上げることで薬剤師を集めようとしているところも増えています。

年収800万円~1000万円という求人もあるくらいです。

調剤薬局での薬剤師の年収について

kansouhada17

調剤薬局での薬剤師の年収は、
それほど悪いものではないと思います。

大手チェーンであれば、30代で600万円程度の
年収をもらうことも可能となっています。

しかも、管理薬剤師などの管理職にならなくても、
その程度の年収は軽くもらえる可能性があります。

また、地域性も大きく、田舎へ行けば行くほど
年収は高くなる傾向があります。

正社員などであれば、薬剤師の調剤薬局の年収は
600万円前後が多いものになります。

しかし、これが派遣社員などの
派遣会社を利用すれば相場は跳ね上がります。

年収ベースでいえば、
700万円から800万円を狙うことができます。

実際に、私などは関西の調剤薬局で一般薬剤師をしていますが、
年収は700万円を超えています。

田舎であれば、軽く800万円相当は
狙えるものになっています。

求人サイトなどの斡旋業者を利用すれば、
そういった高額な案件を多く紹介してくれます。

短期で働く希望があれば、
是非ともそういったところを
利用したほうがお得です。

現在では未だに薬剤師不足が継続中なので、
短期募集でも長期で働く事が可能です。

多くの場合は、現場で薬剤師が足りないので、
短期で契約したとしても長期雇用されることが多いです。

薬剤師は資格職なので、転職が簡単にすることが
できるのも利点だといえます。

年収もそこそこ狙え、薬剤師としての経験も
しっかりと積みたいのであれば、
求人サイトなどを利用してどんどん転職するのがオススメです。

短期的に高年収を期待するなら
派遣契約などもオススメです。

調剤薬局の年収を知ってから転職を考えてもよい

yousansapuri11薬剤師の転職を考える時は、
調剤薬局の年収を知ってからでも遅くはありません。

一番身近に感じられると言われるのが調剤薬局であり、
結構仕事内容も厳しくありません。

薬剤師がパートのような感じで仕事が出来る職場でもあり、
家族のいる方でも安心です。

しかし、普通の薬剤師に比べると、
年収が今一つ高くない問題点もあります。

あまり収入が手に入らないのですが、
それでも薬剤師として活躍できる場はあります。

収入を減らしてでも、もっと安心して
仕事がしたいなら調剤薬局です。

少なくなると言っても、
年収500万くらいは余裕で稼げることが多いです。

そのため仕事をしっかり行っていれば、
最低限の収入は手に入ります。

その上、仕事の負担がそこまで多く無いことを考えると、
働きやすい環境です。

平日は利用者も多いですが、
休日がしっかり確保されており、
休む暇も十分あります。

そして残業があまり無いことが大きなメリットで、
調剤薬局の方が仕事はしやすいです。

こうした年収部分を知ってからでも、
調剤薬局に応募するのは遅くありません。

採用したいと考えている所は多いので、
薬剤師でしっかり働いている実績があるなら大丈夫です。

また転職の際に、他で仕事をしている情報があれば、
さらに有利な状態を作れます。

様々な部分で自分をよく見てもらい、
最終的にいい転職が出来るようにしてください。

求人については、転職サイトを利用する方法
一番簡単です。

気になる求人があれば、ピックして
後から考えておくといいです。

薬剤師が転職する調剤薬局の年収はどのくらい?

kyujin16薬剤師が転職を考えるときに、
調剤薬局という選択肢も浮上してくると思います。

調剤薬局の年収は350~600万円というのが
一般的にいわれている金額ですが、
見てわかるようにかなりの差があります。

これは地方にあるか、
首都圏や大都市圏にあるのか
などにより違いがあります。

調剤薬局チェーンなのか、そうではないのかなど、
規模によっても違いがあるからです。

管理薬剤師ということであれば、500万円以上の
年収が確保されるともいわれています。

地方などにある調剤薬局で人手が足りないようなケースだと、
年収が800万円という話もあります。

キャリアコンサルタントをつけた転職では、
年収が1000万円を超える転職ができた
薬剤師もいるようです。

また、調剤薬局への転職の場合、
大手調剤薬局チェーンではない調剤薬局の方が
年収が高いという話もよく聞きます。

ただし、毎日の仕事ですから、
年収だけで判断するのは
賢明とはいえないケースもある
でしょう。

働きやすい職場であることや、
福利厚生面についても重要です。

休日や勤務時間、残業なども考えなくてはいけません。

さらに考慮しなくてはいけないことは、
転職のしやすさということがあります。

病院の薬剤師が、調剤薬局へ転職することは
比較的容易なのですが、調剤薬局の薬剤師が
病院へ転職するというのは難しい傾向が強いのです。

このようなことや、
その他にも人それぞれのポイントがあると思います。

それらを総合的に判断して
転職先を決めていただきたいと思います。

高い年収を得られる調剤薬局に転職する

kango(25)薬剤師が働く場所には、
調剤薬局・ドラッグストアなどがあります。

どのような働き方をしたいのかによって、
勤務先を選ぶことが大切です。

薬剤師として転職活動に臨む場合は、
優先順位をしっかりと決めるようにしなければなりません。

年収にこだわらず、スキルを高めることを優先する人、
高い年収を得られるところに転職したいという人など、
さまざまな目的があります。

優先順位が曖昧なまま転職活動をしていると、
迷った時の決断が鈍ってしまいます。

高い年収を得たいのであれば、
専門の転職サイトに登録することが大切です。

しっかりとサポートを受けながら
転職活動を進めていくようにしないと、
年収増を実現することは難しいです。

一般企業と比べると、高い年収を得られることが多いのが
薬剤師の特徴ですが、調剤薬局やドラッグストアによって、
得られる年収が大きく異なる場合もあります。

転職サイトに登録していると、
高い年収の求人を見るチャンスが生まれるので、
転職活動がしやすくなります。

応募した際に高い評価を受けるためには、
応募書類の記入方法や、
面接の受け方を学ぶ必要があります。

少しの工夫をするだけでも、
採用担当者に与える印象がガラッと変わります。

これまでに身につけたスキルを積極的にアピールするには、
アドバイザーの意見をしっかりと聞いて、
分かりやすく書類を記載することが大切です。

面接を受けるチャンスを得たら、
なぜ転職したいのかを説得力のある言葉で
表現する必要があります。

薬剤師なら転職前に知っておきたい調剤薬局の年収とは

kango(29)
薬剤師にとってどういった進路が
いいのかは人それぞれです。

大病院に勤める人もいれば、
街病院で気軽にやっていく人も居ます。

そんな中で見ていきたいのが
調剤薬局の存在でしょう。

一体調剤薬局は、
どのくらいの年収になるのでしょうか。

気になる調剤薬局のことについて
見ていきましょう。

調剤薬局の利点は何よりも
何処にでも仕事があることでしょう。

そのため、
全国何処でも好きな土地で仕事が可能です。

加えて一人だけで薬局を切り盛りしたり、
せいぜい数人程度で切り盛りするといった
形態のところが多いでようです。

アットホームに働けるといったこともあります。

そんな調剤薬局の年収は、
500万円から600万円が相場ですが、
地域によってかなり差が出ることがあります。

大都市が最も稼ぎやすいもので、
稼いでいる調剤薬局だと1000万円超えも
全く珍しくありません。

また、個人の努力が出やすいのも
調剤薬局の魅力でしょう。

患者に気に入られれば、
それだけ顧客は増えてきますから、
それだけ利益は上がってきます。

そのため、大病院勤めに疲れた薬剤師にとっても
魅力的なのが、この調剤薬局の仕事です。

益々多くの人が目指しているものでもあるのですが、
調剤薬局ならではの苦労も当然あります。

何よりも、病院との連携がないと
全く仕事がないといったこともありますから、
コネクションといったものも大事です。

独立開業もし易いですが、
その際にも土地柄を押さえておかないと
受け入れられません。