薬剤師が転職する調剤薬局の年収はどのくらい?

kyujin16薬剤師が転職を考えるときに、
調剤薬局という選択肢も浮上してくると思います。

調剤薬局の年収は350~600万円というのが
一般的にいわれている金額ですが、
見てわかるようにかなりの差があります。

これは地方にあるか、
首都圏や大都市圏にあるのか
などにより違いがあります。

調剤薬局チェーンなのか、そうではないのかなど、
規模によっても違いがあるからです。

管理薬剤師ということであれば、500万円以上の
年収が確保されるともいわれています。

地方などにある調剤薬局で人手が足りないようなケースだと、
年収が800万円という話もあります。

キャリアコンサルタントをつけた転職では、
年収が1000万円を超える転職ができた
薬剤師もいるようです。

また、調剤薬局への転職の場合、
大手調剤薬局チェーンではない調剤薬局の方が
年収が高いという話もよく聞きます。

ただし、毎日の仕事ですから、
年収だけで判断するのは
賢明とはいえないケースもある
でしょう。

働きやすい職場であることや、
福利厚生面についても重要です。

休日や勤務時間、残業なども考えなくてはいけません。

さらに考慮しなくてはいけないことは、
転職のしやすさということがあります。

病院の薬剤師が、調剤薬局へ転職することは
比較的容易なのですが、調剤薬局の薬剤師が
病院へ転職するというのは難しい傾向が強いのです。

このようなことや、
その他にも人それぞれのポイントがあると思います。

それらを総合的に判断して
転職先を決めていただきたいと思います。



一押し記事一覧