薬剤師の転職・調剤薬局の年収とは

hinnyou12薬剤師が転職先として
調剤薬局を考えることは多いかもしれません。

薬剤師の就職先として、
もっとも多いのが調剤薬局でもあります。

転職先として調剤薬局を考えるときに、
調剤薬局の年収がどのくらいなのかということは、
とても大切なチェック項目の一つです。

調剤薬局の年収は、
約400万円~650万円といわれています。

400万円という年収は、新卒者ということになると思いますが、
薬剤師が就職するドラッグストア、病院、製薬会社などと比べても、
ほとんど差がありません。

調剤薬局といいましても、
個人薬局から全国展開をしている
大手チェーンなど規模はさまざまです。

また、調剤薬局に限らず、首都圏・大都市圏にある
調剤薬局と地方にある調剤薬局では、
年収に違いがあることが普通です。

ボーナスや残業代、通勤手当や住宅手当などの
各種手当まで考えると、調剤薬局ごとに
違いがあるだろうことは想像できると思います。

また当然ですが、役職や地位によって
年収は変わりますよね。

一般的に、調剤薬局は定期昇給が少ないといわれていますが、
高齢化が進んでいることで、病院にかかる人も増えています。

それにつれて調剤薬局の業務も増えています。

そのような状況なので、調剤薬局も薬剤師の人材を確保するために、
年収や福利厚生などを充実させている傾向にあります。

人材確保に苦しんでいる中小調剤薬局の中には、
年収を上げることで薬剤師を集めようとしているところも増えています。

年収800万円~1000万円という求人もあるくらいです。



一押し記事一覧